クルマの汚れ

ボディーに付着したペンキ・塗料片を除去する方法


住宅外壁の吹付け塗装工事時など、スプレーされたペンキ(塗料片)が風にのって飛散して、車のボディーに付着してしまう被害があります。今回は、テスト用のトランクを使用して、塗装面に付着したペンキの除去方法や注意点をご説明致します。

黒いボディーに付着した白色のペンキ

黒いボディーに付着した白色のペンキ

ペンキの除去には、様々な溶剤を使うケースもありますが、最もメインに使用するのは『トラップねんど』です。
『トラップ粘土』はカー用品店や通販サイトで販売されている物もあります。ボディーに付着したペンキはこの『トラップ粘土』で擦り落とします。
トラップ粘土

水をスプレーしながら、粘土でペンキを擦り落とします。

水をスプレーしながら、粘土でペンキを擦り落とします。

粘土を使う際は、適時、水をスプレーしながら、優しく作業を行います。しかし、どれほど丁寧に作業をしても薄く浅い傷が入ってしまいます。特に黒など濃い色のボディーの場合は傷が目立ちます。
粘土でペンキを除去出来たら、塗装表面に付いてしまった小キズを磨きとります。
塗装研磨は、専用のポリッシャーを使って、バフとコンパウンドを組み合わせて作業します。

粘土を使った後はこの塗装研磨作業が美しい仕上がりを実現するために大切です。



磨き上げられた塗装表面は傷が綺麗に消えて、美しい状態に復元出来ます。

最後に、もし自分で塗装面に付着したペンキを取るために、市販の『トラップ粘土』を使用する際は、最初に目立たない場所で、傷が入るか入らないか、傷の程度がどのくらいか等を確かめてから作業される事が大切です。
特に、濃いボディーカラーで広い範囲に傷が入ってしまった場合、手作業で塗装を磨くのは非常に困難です。
塗装面に付着したペンキを除去する場合は、出来る限り専門店に依頼されることをお薦めいたします。

おすすめ記事

1

エスプリの「セルフクリーニング機能とは?」 新しいカーコーティングの親水性を詳しく解説!愛車を長年使うほど、ボディーに汚れが付着して当初の美しさを失っていきます。一般的には年数を重ねるほど、汚れがボデ ...

2

ガラスコーティング(ボディーコート)の2つのタイプ、撥水性ガラスコーティングと、親水性ガラスコーティングを施工して水をかけた時の状態を比較しました。好みは分かれますが、どちらも、最新技術の本格的なガラ ...

3

撥水タイプ・親水タイプ両方のガラスコーティングに油汚れに対する効果を比較しました。 左側に撥水タイプ、向って右側に親水タイプのガラスコーティングを施工して、油分(ワックス成分)をたっぷり含んだペースト ...

4

愛車のキレイを守るアイテムとして、ガラスコーティングを選択される際、コーティング層の厚みを考慮される事があるかと思います。ここでは、一般的な塗装の厚みとワックスやガラスコーティングの厚みとを比較してご ...

5

ガラスコーティング施工車に最適なメンテンナンス剤「アクアコート」はとても使いやすくてお薦めです。 ガラスコーティングをしているのに、なんとなく効果が無くなったと感じたり、手触りが重く感じたりする事があ ...

6

コーティングを施工した愛車のお手入れは、コーティングの効果を長持ちさせるためにとても大切です。この記事では、当店のコーティングに関わらず、コーティングを施工しているお車をお持ちの皆さまにとって役立つ情 ...

7

新車は当然、新品でピカピカで綺麗で当たり前。これは全ての方が思われる事だと思います。が、、 私たち、カーケア業界では、新車は磨き上げられて初めて皆さんがイメージする『ピカピカの新車』になるんです。クル ...

-クルマの汚れ

ご新規様限定の洗車サービス50%割引を見る

Copyright© 神戸・大阪ガラスコーティング専門店 エスプリジャパン , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.